STR ORG

STR《素質適応理論》とは

陰陽五行説から生まれた「命」を基に開発した心理統計データベースです。
自己の成長・人間関係改善・人財能力開発・ビジネスに有効かつ即効性のあるメソッドです。
※中国系経営者、政治家などのリーダーが活用している帝王学です。

 

「素質」とは…
人が人としてこの世に生まれた時、その人の個性や性格を形成するおおもととなっている「物質の分子」のような部分を言います。

 

「適応」とは…
「素質」を知ることにより「自分自身」、「相手との違い」を知り、自分自身の創造とコミュニケーションに活かすことを言います。

 

STRで「自分自身」を知る

感性の部分・理性の部分・表情の部分も含めて、自分の「素」の部分を理解することです。
自身の性格形成のベースとなる部分を知ることで、他者との違いを比較する「自己発見のモノサシ」を手に入れるということです。
自分の「モノサシ(価値基準)」を知ったうえで、「相手」の素質を知るならば、自分の「価値基準」だけで相手を推し量らずに済みます。
相手の「価値基準」を踏まえたうえで対応すれば、相手とのコミュニケーションはスムーズになりストレスは緩和されます。

 

シンプルなSTR診断方法

STR《素質適応理論》では、多くの診断方法がありますが、一番シンプルでかつ有効な診断に3タイプ(◯□△)の分類があります。
たとえば、「失恋」した人に対しどのように接したらよいかをタイプ別に見ると、「◯」タイプの人間は、話を聞く、慰めるというカタチで「共感」することで喜ばれます。
それに対し「□」タイプの人間は、「そっとしておく」ことを好みます。むやみに同情を寄せられたりするのは耐えがたく、自分で気持ちの整理をしたいからです。
そして「△」タイプの人は「かっこ悪いから、そのことに触れて欲しくない」のです。
これは、同じタイプの人間なら容易に理解できます。
しかし、知らぬがゆえにまったく見当違いの接し方をすることで、人間関係がギクシャクしたものになってしまうことが日常では起こっています。
STR《素質適応理論》を知っていれば、相手の行動パターンや思考パターンに合った対応をすることが出来ます。
人間は、時間をかけてお互いを理解していくことが必要ですが、ある程度の「情報」を持ってコミュニケーションすることで、人間関係はかなりスムーズかつ楽しいものになります。

 

STR能力開発

「素質」によって、「好きなこと」「得意なこと」が解ります。
もちろん、私たちは好き嫌いによって必ずしも職業を選択しません。
しかし「好きな仕事(自覚していることが多い)」をすれば、継続することが可能であり努力が容易です。
また「得意な仕事(案外自覚していないことがある)」がすれば、自分自身の「自信」につながり、才能を伸ばし成果をつくり、豊で幸せな人生を送ることもできます。
また仕事上の問題を抱えた場合、改善の方法も見つけやすいのです。

 

STRバイオリズム

人間には好調・不調があります。しかしこれは意味がありすべきことがあります。
不調に見えるときにすべきことをすれば有意義な時間を得ることができ、それにより好調時により良い成果を手に入れる事ができます。

 

STR相性

2人以上の人間が集まればそこに「相性」が発生します。
相性は自然にしていても良く作用するものから、工夫次第では最高に良く作用するものもあります。
正しく相性を理解し、活用することで幸せな人間関係を構築することができます。

 

「素質」の優劣

「素質」をベースに、どのように活用、対応したら自分およびコミュニケーションの状態をより良いものにするかであるので「素質」そのものの優劣はないものと考えます。

 

STRの想い

STR《素質適応理論》が「幸せな人生」と「幸せな人間関係」を望む多くの人々のお手伝いになれば幸いです。

 

的中率の話

素質適応理論の性格診断の的中率は、今のところ8割となっています。
これは一見非常識なデータかもしれませんが本当です。
素質適応理論のシステムを提供している、「エキサイト恋愛結婚」の45万名以上の会員様に
ご自身の性格診断の的中率を回答していただき、
その結果、81%の方が【当たり】または【やや当たり】と答えています。