STR ORG

STRオーガナイザーサービス 利用規約

本規約は、STRオーガナイザーサービス(以下、本サービス)を登録会員が利用する際に適用されるものとします。

第1条 利用許諾の付与

一般社団法人STRコミュニケーション協会(以下、当協会)は、会員が本契約の条項を遵守することを条件として、本サービスを利用する非独占的な権利を会員に許諾します。ただし、その権利は以下の規定に服するものとします。

1 許諾事項

  • (1) 会員は、本サービスを非営利目的及び営利目的に利用することができます。
  • (2) 会員は、本サービスを当協会が指定するサーバーシステムを介して、利用、アクセス、表示、実行、及びその他のやりとり(以下、「実行」といいます)をすることができます。
  • (3) 会員は、申込完了後に当協会からシステムにログインするために発行されるアクセスID・暗証番号を一つ(1アカウント)取得することができます。(アカウントの追加を希望される場合は、別途料金が必要となります。)
  • (4) 会員は、本サービスを実行することを、特定の従業員(以下を総称して「利用従業員」といいます)に許可することができます。利用従業員は、会員の管理の元、会員と同様に本契約書の条項に遵守します。
  • (5) 会員は、利用申込書に記載の届出事項に変更があった場合は、速やかに当協会に対し届け出る必要があります。
  • (6) 本契約に基づく会員の権利は、独占的なものではありません。

2 制限・禁止事項

  • (1) 頒布の禁止
    会員は、不特定多数者に対して、本サービスに基づく内容物を配布することはできません。また、本サービス以外での使用もできません。
  • (2) 改変の禁止
    会員は、本サービスから提供しているシステムにおけるプログラムの複製・逆コンパイル・逆アセンブル・併合・変換をすることはできません。また、改変し本サービス以外での使用もできません。
  • (3) トレードマークの利用の禁止
    本契約書では、当協会へは会員の管理しているいかなるトレードマーク、サービスマーク、商標等の使用を認めてはいません。
  • (4) 譲渡等の禁止
    会員は、本サービスの利用権を第三者に転貸、再販、リース、レンタル、ローン、販売することはできません。
  • (5) その他の権利
    本契約書に特に規定されていない権利は、当協会によって留保されます。
  • (6) 競業の禁止
    会員は、本サービスと同一ないし同種のサービスを第三者に販売、提供することはできません。
  • (7) 知的財産権侵害の禁止
    会員は、同類サービスの開発又は販売を行なっている者及びその予定のある者に対し、本サービスの仕様に関する情報を開示する等、当協会の知的財産権を侵害する行為を一切行うことはできません。

第2条 著作権

本サービスは、当協会が著作権を有するものであり、会員が本サービスの利用に際してホームページのデザインテンプレートやコンテンツ、画像データ、ロゴ(以下「当社コンテンツ」といいます)を提供することがあります。当社コンテンツは、当社が著作権を有するものであり、当社コンテンツを利用する場合に限り、その利用を許諾するものです。「本サービス」の利用終了後は、本サービスによる提供・制作した著作物の利用はできません。

本サービスの複製をすることはできません。本サービスを改造、他への適合などは行なえません。また、本サービス提供によるホームページのデザイン、コンテンツ、画像データ、ロゴの複製・改造、他への適合は行なえません。

第3条 利用料金の支払い

1 会員は別段の定めがない限り、本サービスの利用に伴う費用(以下「利用料金」といいます)を当協会が指定する方法で支払うものとします。

2 利用料金の支払が口座振込による場合、会員は口座振込を行う毎にこれらに係る手数料の支払を要します。

3 当協会は、会員の承諾を得ることなく、当協会が適当と判断する方法で会員に事前に通知することにより、利用料金及びその支払い方法等を変更することができるものとします。

4 当協会は、本サービス利用契約の終了、本サービス利用資格の取消、利用者資格の取消、その他事由の如何を問わず、既に支払われた利用料金を、一切払戻し致しません。

第4条 遅延利息

会員が、利用料金(延滞利息を除く)の支払を遅延した場合、支払期日の翌日から起算して支払いの前日までの日数について、遅延した全額に対し年14.6%の割合による遅延利息を支払うものとします。

第5条 サポートサービス

当協会は、会員に本サービスに関わるサポートサービスを当協会の規定に従って、電話、Eメールなどにより提供します。サポートサービスとして会員に提供された如何なるソフトウェアプログラムも本サービスに帰属し、本契約書の該当条項がそれぞれ適用されます。サポートサービスを通じて会員から当協会に提供された技術情報は、今後のより良いサポートや製品開発の目的で当協会および業務委託先(当協会と機密保持契約を結んだ委託先)によって使用できるものとします。当協会は、これら提供される情報を会員が特定されるような目的に使用することはありません。法令に基づき公的機関からの要請に応じる場合など、上記取扱いとは異なる対応を行なうことがあります。

第6条 有効期間

本契約書は会員が本サービスのお申し込みをし、当協会が了承した時点から有効になり、会員の申し出によるサービス停止、当協会による契約解除、もしくは当協会が契約を継続し難い特段の事情が存在すると判断した場合に終了するものとします。

第7条 契約期間

契約期間は契約開始時より1ヶ月契約となります。特に申し出がない限り自動的に継続されます。

また、支払いにおいて理由の如何を問わず1ヶ月未満で契約が終了した場合についても、利用料の返金はできません。

第8条 利用規約の変更

本サービスの利用規約は、会員の承諾なく変更および改定ができるものとします。変更および改定された利用規約の内容は、当協会のウェブサイトへの掲載等、適当な方法で会員に知らせます。変更後の約款は、当協会のウェブサイトへ掲載した時、または当協会から会員への変更した旨の通知を発信した時のいずれか早い時に効力が生じます。

第9条 免責

1 当協会は、本サービスの品質・機能の向上に最大限努力をいたしますが、法的な保証をするものではありません。

2 会員は、個々の事業所及び個人に対するID・暗証番号・作成データを自らの責任の下に管理、保管、使用していただきます。

3 当協会は、会員からID・暗証番号の紛失及びセキュリティに関する問題発生の報告を受けた場合、本サービスの利用停止又はアクセス制限を行うことができます。

4 当協会は、会員及びその利用従業員が本サービスを利用することで被ったあらゆる損害について、一切の責任を負いません。ただし、何らかの理由で本契約中における責任等の制限、免責その他の条項が管轄地の裁判所によって無効と判断され、損失・損害について当協会が責任を負うことになった場合、それが合法的に責任制限を加えることが可能な損害であれば、その性質を問わず、当協会の責任は当該サービスについての初期設定費用を超えないものとします。

第10条 サービスの停止・中止

当協会は会員への事前の通知を行わずに本サービスの内容の変更または停止もしくは中止をすることがあります。この場合、当方が合理的と判断する手段を通じて発表するものとします。当協会は下記に該当する場合には、会員に事前に通知することなく本サービスを中断または中止する場合があります。また当協会は以下の事由により本サービスの提供の遅延または中断・中止が発生したとしても、これに起因する会員または第三者へ発生した損害について一切の責任を負わないものとします。

  • サーバやシステムの保守、点検、修理、変更を定期的にまたは緊急に行う場合
  • ハードウェアやデータの破損などにより本サービスの提供ができなくなった場合
  • 火災、地震、噴火、洪水、津波などの天災により本サービスの提供ができなくなった場合
  • 戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議等その他不測の事態により本サービスの提供ができなくなった場合
  • 法令による規制、司法命令等が適用された場合
  • その他運用上・技術上の利用で当方が本サービスの一時的な中断を必要と判断した場合

第11条 解除

会員が本契約書の各事項に違反した場合、当協会は本契約を解除し、併せて当協会が被った損害の賠償を請求することができます。この場合、会員は全ての本サービスの生成データを破棄しなければなりません。

第12条 準拠及び管轄

本契約書は日本国法に準拠するものとします。本契約書に関して生じた紛争の解決については、東京地方裁判所を、第一審の専属管轄裁判所とします。

第13条 規定外事項

本契約に定めのない事項については、民法、その他の法令に従い、会員と当協会が協議の上、誠意を持って解決にあたるものとします。

第14条 残存条項

本契約解除もしくは終了後といえども、第1条2項、第2条、第11条は、継続して効力を有するものとします。

 

制定 2013年12月1日